人をひきつけるお店とそうでないお店

お店のコンセプトを明確に表現する

飲食店において、第一に伝いたいことといえばそこがどのような料理を提供する場なのかということです。
お茶がしたいとカフェを探している人や家族で食事がしたいと考えている人、デートで利用するためのちょっと高級なレストランを探している人のように、その目的は様々でしょう。

和食なら和風の外観を意識したり、イタリアンなら活気あふれる市場風にするなど誰もがイメージしやすいような雰囲気を意識したファサードにしておけば間違いありません。
店主の好みだからといって独りよがりの斬新すぎるデザインにしてしまうと何のお店なのかが分かりづらくなってしまい、入るのをためらってしまうものですので注意した方がいいようです。

つまり初めての場合でも立ち寄りやすいようにするためには、料理の雰囲気にあった分かりやすい外装にしておくことが集客率を上げるためのコツだと言えるでしょう。

店内の様子が見えるようにしておくと効果的

人が「このお店で食事をしようか?」と考える際には様々な状況が考えられます。
仕事の合間に急いで食事を済ませたいとか、ベビーカーに乗った赤ちゃんや小さな子供を連れているとか、ある程度の人数で入店したい時など状況は様々です。
そんな時に見つけた飲食店が現在どのような状況なのかが分かるようになっていれば、店舗選びの参考になるでしょう。

食事をしている様子を外から見られることをあまり快く思わないという人もいるかもしれませんが、店内の混み具合やお店の雰囲気が外からでも分かるように扉を開けておいたりテラス席を設けたりすることはとても効果的だといいます。
もしも2階より上に店舗があるというのなら、エレベーターホールや壁面を利用して店舗の情報を伝えるための工夫をしておくといいかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る