看板に求められる条件とは何か?

遠くからでもお店の存在が分かることが重要

看板の持つ重要な役割には、そのお店の存在や特徴を広くアピールすることが挙げられます。
そのためには遠くにいる時から認識してもらう必要があるというのです。
歩いている時ならアッと思ってすぐに立ち止まることも可能なので約30メートルほどの距離があれば十分だといいます。
しかしこれが車で走行している最中であったとしたら、直前で入店したいと思い立ったとしても急な動きをして交通の流れに逆らうことはできないのでそのまま通り過ぎるしかないこともあるでしょう。
そのため車に乗っている人に対しては、飲食店を認識してから入店を決めるまでの間に少なくても約50メートルの距離が必要だと言われているのです。

基本的にはあまりメンテナンスを必要としないという看板を見直すことで、費用対効果の高い宣伝活動をしていきましょう!

差別化が図れるようなデザインにする

訴求効果の高い看板を制作するためには、その地域に同化しないようなデザインを考えることが大切です。
通常は飲食店ごとにイメージカラーというものが存在していると思いますが、その色合いが周辺にある他店と同化して目立たなくなてしまっては意味がありません。
そんな時は思い切ってイメージカラーに変化を加えるという方法も差別化を図る上では必要だといいます。

お店の存在に気付いてもらうためには、どの支店であっても統一したデザインであることが好ましいことは言うまでもありませんが、時には看板の地の色と文字の色を反転させるなどの柔軟な発想が功を奏することもあるようです。
とにかく、まずは興味を持って見てもらうことを意識するようにしましょう。
遠くからでも見つけてもらうためにも、突き出しと言われる「袖」や壁面を彩る「メーン」と呼ばれるような形態の看板を設置してみてはいかがでしょうか?


この記事をシェアする
TOPへ戻る